三輪車の選び方 : 購入ガイド(選び方・ノウハウ)一覧 | コネコの手もかりたい


三輪車の選び方

三輪車の選び方

代表的な子どもの乗り物の一つ、三輪車。子どもが動き回るようになると、購入を考える親も多いのではないでしょうか。一口に三輪車といってもさまざま。三輪車を購入する際に、知っておいてほしいことをまとめてみました。

三輪車はいつから乗れる?

かわいいわが子を早く三輪車に乗せたい、そう思う親御さんも多いことでしょう。三輪車には、それぞれのメーカーが定めた対象年齢や適正身長があります。ただし、実際使用するにはこれらはあくまで参考値として考えるのが妥当です。

三輪車の対象年齢

各三輪車に定められている対象年齢を見てみると、多くが「1.5歳~」となっています。上限は、3歳・4歳・5歳とさまざまです。中には、対象年齢が特に定められておらず、対象となる身長や体重が記載されているものもあります。

三輪車デビューはお子様の成長を見て

三輪車に対象年齢等が設けられているからといって、その年齢になれば誰でも三輪車に乗れるというものではありません。それは、これまでのお子様の成長を一番近くで見てきた、親御さんならわかることでしょう。子どもには、それぞれ違った成長スピードがあります。身長が大きい子、小さい子。歩くのが早かった子、遅かった子。どんな子も、その子なりのスピードで成長していますので、これまで指摘を受けたことがなければ、心配には及びません。

三輪車に乗るには、まず、安定したお座りができることが最低条件です。バランスを崩したときに、手や足で対処できることも大切です。また、足がペダルや足置きに届くことも必要です。手足がハンドルやペダルに届かないうちに、対象年齢になったからといって三輪車に乗せるのは、おすすめできません。
三輪車デビューはお子様の成長を見て! 三輪車デビューはお子様の成長を見て!

バラエティー豊かな三輪車

三輪車ときいて、どのようなものを思い浮かべますか?三輪車のラインナップを見ると、実に個性豊か。目的別にまとめてみました。

ママと一緒にお買い物ならば、手押しハンドルがついたものを

っこやおんぶは重くて大変、ベビーカーも小さくなってしまって…けれど、手をつないで歩いてくれないと、日々のお買い物にお悩みのママにおすすめなのが、手押しハンドルがついた三輪車です。

お子様が小さいうちから活躍するのが、このタイプ。ママが手押しハンドルで舵を取りながら押し、子どもは座っているだけ。わんぱくちゃんには、セーフティーガードがついたものにしましょう。お子様が楽しめる仕掛けがついたものを購入し、脱走防止もいいですね。日差しが気になる方には、サンシェードつきの三輪車もあります。また、お子様と買い物や公園に行くことを考えると、大容量のかごがついている三輪車は魅力的です。そして、三輪車が欲しいけれど、収納場所がないという方は、折りたたみできるものがおすすめです。

このタイプの三輪車は、手押しハンドルが着脱できたり、舵取りだけをお子様にさせられる機能がついていたりします。若干コツがいるものの、もちろん、お子様自身が舵を取り、こぐことも可能で、長く乗ることができる仕組みのものが多くなっています。

“こぐ”練習を重視するならシンプル型

お子様が一人でこいで遊ぶことを目的にするならば、昔ながらのシンプルなタイプがおすすめです。シンプルなタイプの魅力は、お子様が乗って遊べるほかに、手押しハンドルがついたものに比べて、コンパクトであることです。収納場所が小さくても大丈夫。本体が軽量で持ち運びやすい大きさであることもいいですね。

いいとこ取りのチェーン式三輪車

手押しハンドルも捨てがたいし、子どもにもいっぱい乗って遊んで欲しい。そんな親の願いをかなえてくれるのが、チェーン式の三輪車です。チェーン式でペダルも足元にあるので、小さいお子様も楽々こぐことができ、より自転車に近い感覚です。ピープルから発売されているスポーツ三輪車がこれにあたります。三輪車を自転車へのることの通過点と考えるならば、おすすめの一台です。
個性豊かな三輪車の種類 個性豊かな三輪車の種類

三輪車の購入時はここに注意!

近頃の三輪車は子どもが喜びそうなかわいいもの、大人もわくわくするかっこいいものがいっぱいです。しかし、見かけだけで三輪車を選ぶのは危険がいっぱいです。

三輪車は実物を見て!

購入前は実物を見るのが、鉄則。できれば見るだけではなく、お子様をまたがらせてみましょう。ハンドルに手が届くかどうか、ペダルに足が届くかどうかの確認をしましょう。またがったときに、地面に足がつくかどうかの確認も忘れずに。

三輪車を購入すると、何かと持ち運ぶ機会が多いもの。階段などを持ち運ぶ可能性があるならば、実際の重さも確認してみましょう。また、手押しハンドルの操作性は、商品によって異なります。できることなら、お子様を座らせて押してみてください。手押しハンドルを握る手には、思った以上の負担がかかるので、それを踏まえて購入を検討しましょう。

実物を見るときは、必ずお子様も一緒に

中には、気に入らないデザインの物は、受け付けないというお子様もいます。遠方の祖父母の方が買ってくれるという場合は、お子様と実物を見た上で、「これが欲しい」とお願いしましょう。せっかく買ってくれたのに、乗らないというのは避けたいものです。
三輪車の購入時のチェックポイント 三輪車の購入時のチェックポイント

人気の三輪車はこれ!

売れている三輪車には、売れている理由が必ずあります。三輪車選びに迷ったら、人気の三輪車を参考にするのも一つの方法ですね。

売れているものには必ずついている手押しハンドル


人気の三輪車を見てみると、必ずついているもの。それは、手押しハンドルです。伸縮の有り無しに関わらず、手押しハンドルは必需品のようです。そして、じわじわ人気上昇中なのが、折りたたみ式の三輪車。かわいいデザインのものも出てきており、売れ筋の商品の多くが折りたたみ式です。

キャラクター・サンシェード・値段


これは、売れている三輪車の半数に当てはまるもの。キャラクターがついている物は、一般的にお値段も高めなので、値段ともリンクしています。キャラクターつきのものは、アンパンマンが一番人気。それから、くまのプーさんやミッキーといったディズニーキャラクター、NHKの子ども番組のキャラクター三輪車も売れています。キャラクターものの三輪車を購入したいならば、10,000円以上の予算が必要です。

反対に、キャラクターなしのシンプルなデザインの人気も根強くあります。シンプルなデザインの物は、5,000円ほどの予算があれば選択肢は豊富です。

じわじわと人気が出てきているのが、サンシェードがついているもの。サンシェードつきの三輪車はそれほど多くありませんが、売れ筋ランキングには必ずランクインしています。

人気の三輪車メーカー


三輪車のメーカーは数多くあります。商品の種類が豊富なのはアイデスやM&M。この2社とワールドでは、キャラクターものの三輪車を作っているので、お目当てのキャラクターがある方はホームページを見てみてください。ミニやエンドー、サファリというメーカーも、売れ筋ランキングに入る商品があります。

三輪車は実に、多種多様。お子様との思い出になる一台を、見つけられるといいですね。
人気の三輪車をチェック! 人気の三輪車をチェック!


coneco.netでは、様々な切り口から商品を検索することが可能です。
こだわりの条件からあなたのお気に入りを見つけて下さい。