製品名・型番で検索

新規会員登録
ログイン

[インテル/Intel] Core 2 Quad Q9300 BOX クチコミ・評判

最安値

-

価格お知らせメール

最安値店

現在、販売しているショップはありません。


こちらは[インテル/Intel] Core 2 Quad Q9300 BOX クチコミ・評判ページです。みんなの商品レビューと評価の集計を紹介しています。

みんなの評価5

レビューを書く


価格
互換性
省電力性
安定性
処理性能

[インテル/Intel] Core 2 Quad Q9300 BOX レビュー一覧 / 3件

表示順 おすすめ順 新着順
画像有無 すべて あり
動画有無 すべて あり
評価 すべて 1つ星 2つ星 3つ星 4つ星 5つ星

3件中 1-3件表示


2人中、2人のユーザーが、このレビューを「役に立つ」と投票しています

クアッドコアが安くなった

Core 2 Quad Q9300 BOXのレビュー [CPU/APU]

満足度:5

数世代前と比較にならない処理性能

特になし


Athlon64X2 6000+とM2N32-SLIからの買い替えで、ASUSのP5Qと同時購入しました。

 前の構成が動作がおかしくなって買い換えたので、比較は478のPen4 2.8Eとしています。3DMarkはAthlonのときとの比較です。

 エンコードは、別の構成と比較する為
TMPEGEnc4.0Expressの体験版を使いました。
ソースファイルは15秒と30秒のCM
各2本の1:30のM2Pファイルです。MPEG2への再変換は、VBR4Mの2PASS、WMVへの変換はVBR1Mです。

動作結果は、
Q9300 0:55-2:50(mpeg2-wmv)
Pen4 2.8E 3:12-8:45
とどちらも、3倍以上の速さでした。
Athlon 6000+の時が、Pen4に比べて約2倍くらいの処理時間だったと思うので、1.5倍くらい速くなったのではないでしょうか?

次に、同時実行スレッドによって処理時間が変わるかを確認する為、
TMPEGEnc3.0Expressの製品版で、可能スレッドを1と4と比較したところ、同じソースFileで
1スレッド 1:13
4スレッド 0:54
となり、こちらも、マルチスレッドによってそれなりに処理速度が上がっていると思われます。

次に、3DMark06では、
GF8800GTで12500程度出ています。
Athlonの時は、シングル構成で11400位、
SLIにして、CPUを3%程度クロックアップして
12500を少し下回るくらいでした。
動作周波数が3.0に対し2.5なのにこの性能のアップは大きいと思います。

次にリテールFANについては、
Athlonは負荷直後は4500~5000rpm位回転していて、
かなりの騒音となっていましたが、
Q9300は、2000rpmを少し超えるくらいで、
リテールでもまったく五月蠅いとは感じません。

CPUクーラーを交換する費用を考えれば、
かなりコストパフォーマンスは高いのでは。

CPUを交換して、実際PCを使う上で、大きな恩恵を受けているのは、動画のエンコードだと思いますが、2011年には、地上波がデジタルになり、今のところ録画データは編集する方法がないようです。その意味では、これからは自己満足でしかないのかもしれません。
このレビューは役に立ちましたか?
続きを読む
折りたたむ
  • コメント(0)
  • 閲覧者(2623)
  • 購入日2008/6
  • 投稿日2008/7/4 19:35

5人中、5人のユーザーが、このレビューを「役に立つ」と投票しています

Q6600の後継

Core 2 Quad Q9300 BOXのレビュー [CPU/APU]

満足度:5

電力効率非常にイイです

オーバークロックはそれなりのマザーボードが必要


今までクアッドコアCPUは、コストパフォーマンスを重視するとQ6600以外選択肢が無い状態だったのですが、Q9300やQ9450の登場で少し選択の幅が広がって面白くなってきました。Q9300はQ6600と比べるとクロックは上がっていますが2次キャッシュは減らされているためなんとなく微妙な感じの仕様です。

マザーボード P5KPL-VM
CPUクーラー リテール
メモリ DDR2 1066
Hz 1G*2
VGA オンボード
サウンド オンボード
HDD Deskstar 7K160 HDS721680PLA380
電源 EA-380
ケース P182
BIOS 0704
OS XP Pro SP2

 上記の構成で使っていたPCをQ6600→Q9300に変更して、消費電力をワットチェッカーで計測してみました。

結果は、

Q9300
 低負荷:59W
 高負荷:103W

Q6600
 低負荷:70W
 高負荷:124W

でした。Q6600と比べると圧倒的に省電力だと思います。電圧も低く、それに伴って発熱も少ないのでクアッドコアで静音PCを目指すのにも向いているのではないでしょうか。

 次に下記構成でオーバークロックしてみました。

マザーボード GA-P35C-DS3R
CPUクーラー リテール
メモリ DDR2 800MHz 512M*2
VGA GeForce7100
サウンド オンボード
HDD Deskstar 7K160 HDS721680PLA380
電源 EA-380
BIOS 10
OS XP Pro SP2

FSB400*7.5の3.0GHzにCPU電圧1.1625V(デフォルトの電圧は1.15V)で到達出来ました。この状態でPrime95 12時間ノーエラーでした。消費電力は低負荷時65W、高負荷時110Wでした。ベンチマークも一種類しかやってませんが、Q6600とQ9300どちらも3.0GHzにオーバークロックした状態で僅かにQ9300が上でした。これならQ9300をオーバークロックして使わない手は無いですが、元々のFSBが333もあるのでFSB400まで上げられるくらいの性能を持ったマザーボードでないとなかなか厳しいと思います。他の手持ちのマザーボードでも試してみましたが、対応してなかったりFSB333が限界だったり・・・。

 最近はQ6600が安くなったのでそちらの方がまだまだコストパフォーマンスがいいかもしれませんが、省電力性や静音性を重視する場合はQ9300にするのも面白いと思います。
このレビューは役に立ちましたか?
続きを読む
折りたたむ
  • コメント(0)
  • 閲覧者(6830)
  • 購入日2008/3
  • 投稿日2008/4/9 20:59

9人中、7人のユーザーが、このレビューを「役に立つ」と投票しています

本当に微妙なのか?

Core 2 Quad Q9300 BOXのレビュー [CPU/APU]

満足度:5

エンコード速度が抜群!

今のとこ見当たらず。


当方のPC使用用途のほとんどが動画エンコードだった為、
45nm Quad CPUで一番安いこの商品を買ってみました。

【比較商品】
Q9300に決めるまでの経緯を…
Q6600・Q6700の値段が下がりQ9300に決めるまで相当悩んでしまいました。
●Q9450
もちろん1番欲しかった商品ではありますが、
平均価格40000前後Q9300との価格差約10000円。
FSB3
3*8 2.66Ghzの作動クロックより2次キャッシュ6MB*2が魅力。
動画エンコードメインの当方にはこの大きな2次キャッシュに価格差の魅力を感じず却下。
●XEON X3350
サーバー向けのQ9450とほぼ同一商品で価格も1番安いとこで35800円。
価格差約5000円。
いまだ自分のマザーボードでは正式サポートされておらず、
動作するのはわかっていたのですが却下。
●Q6600
1番売れているQuadCoreで平均約25000円。
65nmCPUだけどキャッシュはQ9300より多くクロック倍率も*9とコストパフォーマンスではNo1。
最後まで悩んだあげく低電圧・低発熱と言われてる45nmCPUに軍配。
●Q6700
価格はほぼQ9300と同等。
クロック倍率が10にあがりOCはしやすいがFSB400*10 4GHzで常用するつもりもなかったので却下。

【性能】
QuadCoreを最大限生かせる市販ソフトはあいにくもっていませんが、
昔から動画エンコードはフリーソフトを利用しているので前環境とおんなし状態で比較してみました。

元映像 720*480 avi(Huffuy) 動画 約5分(9000フレーム)
エンコーダーソフト VirtualDub1.8.0 (SSE2有効)
映像コーデック Divx6.8.2 Pro 1パス 1000kbps 最も優れた品質設定
音声コーデック LameMP3 48000Hz 128kbps CBR Streo
インターレース解除 サイズ変更等のフィルター設定無

Core2Duo E4500 2.2GHz 7m52s (Divx SSE2)
             2.9GHz 6m17s (Divx SSE2)
QuadCore Q9300 2.5GHz 4m42s (Divx SSE2)
             2.5GHz 4m10S (Divx SSE4)

比較元CPUがE4500ですが十分すぎる位の結果がでました。
5分の動画でこれだけの差ですから長時間動画の場合もっと差が開くと思われます。

●CPU使用率はE4500で両コア共に85%平均でしたが、
Q9300では1・2コア30% 3・4コア60%と予想通りQuadCoreの性能をフルに生かせないCPU使用率になりました。
この使用率でこれだけのエンコード速度出せるのですから、たいしたものですけどねw

●45nmCPUのセールスポイントでもある発熱ですが、
アイドル時CoreTemp読みで平均45℃でしたがEasyTune5Proでは25℃になっておりました。おかげでCPUファンは400rpmに…w
※室温25℃ 使用クーラー ANDY SAMURAI MASTER
※リテールクーラーは未使用の為検証してません。

●ベンチマーク
ベンチ結果の数値よりエンコード速度の方が体感しやすいので、
あえて調べませんでした。
スーパーπなんかはキャッシュが多い方が速いみたいですし…

【総評】
初のQuadCore使用となりましたが、Q6600からでは2次キャッシュの減少、クロック倍率も低いのでOCにも向いているCPUとは言えないのでお薦めは出来ませんが、
レビューも少なく中途半端と敬遠しがちのQ9300ですがE4500のようなリーズナブルなCPUからの交換には十分すぎる位の効果がありますので動画編集が主で最新CPUを使いたく予算もそれ程ない人にはお薦めのCPUかと思います。

********************************************************

【OS】 Windows XP HomeEdtion SP3
【CPU】 Core 2 Duo E4500 (2200GHz→2926GHz)→Core 2 Quad Q9300
【CPUクーラー】ANDY SAMURAI MASTER (鎌風の風PWM12cm併用)
【マザー】GYGABYTE GA-G31M-S2L BIOS F4
【メモリ】 UMeX DDR2-1G-800(DDR2-PC2-6400-1GB)×2
【ビデオカード】GYGABYTE GV-NX86T256H (PCIExp 256MB)
【HDD】 HDP725032GLA360 (320G SATA300 7200RPM)×1
     HDP725050GLA360 (500G SATA 7200RPM)×1
     HDP725032VLAT80 (320G U133 7200RPM)×1
【ドライブ】PIONEER DVR-115D 1.18
【電源】SYTHE 剛力 400W
【ケース】 COOLERMASTER Centurion534+PLUS Black RC-534-KKN2-GP
【ケースファン】フロント SYTHE 12cm KAZE-JYUNI 1200rpm
 サイド SYTHE 12cm ANDY SAMURAI MASTER付属ファン 1200rpm
 リア 光る鎌風の風 12cm
【スピーカー】 SCYTHE 鎌ベイスピーカー
【その他冷却装置】バリューウェーブ HDC-1000BK

********************************************************
このレビューは役に立ちましたか?
続きを読む
折りたたむ
  • コメント(0)
  • 閲覧者(5635)
  • 購入日2008/5
  • 投稿日2008/5/11 13:1

1

3件中 1-3件表示